ギュギュギュ(GYU GYU GYU)を履くデメリットは?どんなデメリットがあるのか暴露します

ギュギュギュ(GYU GYU GYU)を履くデメリットは?どんなデメリットがあるのか暴露します 未分類

履くだけでダイエットをサポートするギュギュギュ(GYU GYU GYU)。
みなさん毎日履けていますか?

履くだけという手軽さからギュギュギュ(GYU GYU GYU)を購入した人もいると思いますが…ギュギュギュ(GYU GYU GYU)のデメリットって考えたことありますか?

今回はギュギュギュ(GYU GYU GYU)のデメリットについて包み隠さず暴露していこうと思います。

ギュギュギュ(GYU GYU GYU)を履くデメリットはある?ない?

ギュギュギュ(GYU GYU GYU)を履くデメリット
そもそもギュギュギュ(GYU GYU GYU)を履くデメリットってあるのでしょうか?
結論から言いますと、デメリットはあります。

でもデメリットは、個人が容認できるのであれば問題にはなりません。
また予め知っていれば、気をつけてトラブルを回避することも可能です。

ですのであまり不安にならずに、軽い気持ちで対処方法を考えていきましょう。
ギュギュギュ(GYU GYU GYU)を履くデメリットは大きくわけて3つあります。

ギュギュギュ(GYU GYU GYU)は着脱に時間がかかる

まずギュギュギュ(GYU GYU GYU)は着脱に時間がかかることがデメリットです。
別にゆっくり履けば良いんじゃないの?と言われればそうなのですが、そうもいかない場面ってありますよね。

私が一番困ったのはトイレです。
自宅であればまだ余裕を持っていけますが、会社であったり学校ではギリギリになることもあるでしょう。

そうなるとゆっくり着脱なんて言ってられません。
ましてやお腹周りに圧がかかるインナーですので、普段と同じ感覚でトイレに行っていては間に合わない可能性が高いです。

ですので最初のうちは自宅でのみギュギュギュ(GYU GYU GYU)を着用するのが良いでしょう。

外出するときに履くのは、慣れるまでは避けることをお勧めします。

また着脱にかかる時間は体型によっても変わります。
細い人ほど着脱に時間はかかりにくくなるためです。

その点を踏まえた上で、自分は外出先でも問題なく履けるのかを判断した方が良いでしょう。

最初から長時間着用しようとしなければ、それほど問題にはならないでしょうね。
自分がどの程度着脱に時間がかかるのか、その着脱時間は容認できるものなのかを考えればさほど気にならないデメリットかと思います。

ギュギュギュ(GYU GYU GYU)は長時間の着用に向かない

次にギュギュギュ(GYU GYU GYU)は長時間の着用には向きません。
長く履いた方が補正効果を得やすくなるものの、圧が加わり続けるのが負担になる人もいます。

場合によっては体調を崩す可能性もあるのであまり長時間着用するのはやめた方が良いかと思います。

また長時間となれば着用したまま座ることもあるでしょう。
座った姿勢になると着圧のかかり方が変わりますので、少し注意が必要です。

鼠径部であったりお腹周りであったり、座った姿勢になると普通よりも強い圧が加わりやすくなります。
もともと加圧インナーは曲げた状態での圧を想定して作られていませんので、できるだけ直立、もしくは寝転がった状態での着用が良いでしょう。

その点を踏まえて考えると、長時間の着用にはあまり向かないかと思います。
自宅にいるときのみ着用するのが無難でしょう。

どうしても長時間着用したいのであれば、休日のみ長時間着用するのが良いかと思います。
休日であれば体調を崩してもすぐ脱げますし、直立や寝転がった状態を取りやすいからです。

もし問題なさそうであれば、ギュギュギュ(GYU GYU GYU)を履いて外出してみて、どの程度の時間履けるのか試してみましょう。
無理そうであれば脱げば良いだけですし、少しずつ試して自分が可能な着用時間を見極めていけばOKです。

ギュギュギュ(GYU GYU GYU)は破れる可能性がある

ギュギュギュ(GYU GYU GYU)は破れる可能性がある
そしてギュギュギュ(GYU GYU GYU)は破れる可能性があります。
当然と言えば当然なのですが、ギュギュギュ(GYU GYU GYU)は衣類になります。

着圧が強いということは、それだけ繊維にかかる負担も大きくなります。
ですので通常の衣類よりも寿命は短いと思っておいた方が良いでしょう。

もちろん履いてすぐに破れるほど耐久度が低いものではありません。
負荷の大きくなるホック部分であったりウエスト部分は生地を厚くして破れにくいように作られています。

しかし衣類であるのには代わりありませんので、いつかは破れるものであることを覚えておきましょう。

洗濯すればするほど、着用すればするほど破れる可能性は高くなっていきます。
ですので1枚だけでダイエットするのではなく、数枚購入して着回すのが良いでしょう。

このデメリットは消耗品であることを前提に数枚購入しておけば問題のないデメリットですね。

デメリットは予め知ってさえいれば回避したり対策ができますので、「デメリットがあるから他のダイエット方法を探そう」と安易に諦める必要はありません。
気になったダイエット方法があったら、自分にとってそのデメリットは容認できるものなのかを調べてみましょう。

コメント